83 座る位置を変えずとも、弾きにくさは解消できる



手のポジションがあっちこっちに飛ぶ曲で、最初に座った位置で弾きにくい場合


座りなおさずに<弾きにくさを解消する方法はないのか?



その方法は二つあります。

一つ目は、

体を前後に傾ける〔前後に座りなおすではありません〕


試しにいつもの位置に座り、両端の鍵盤を同時に押してみてください。

おそらくこの時に、体は自然と前傾姿勢になっていると思います。

今度はその状態で、真ん中のドレを左右の手で弾いてみて下さい。

今の前傾姿勢の状態では自分の胴体が邪魔で、弾きにくく

椅子の前で座りすぎてしまった状態だと思いますので、

(詳しくはこちら 75 ピアノからの椅子の距離の目安)

今度は体をうしろに倒すと弾きやすくなると思います。

まず端から端まで、中央に座っていれば届くことを確認してください。


一見するとこれだけで、

めでたしめでたしとなりそうですが、一つ問題が残っています。

両手とも右端付近 両手とも左端付近で、弾かなくてはならない場合


例 右手が右端のド 左手がその一オクターブ下などの場合

右手が端だからと前傾姿勢にすると、左手が胴体が邪魔で通らない

左手を通すために後ろに傾けると、右手が届かない

さてどうするか?


そこで登場するのが二つ目の方法となりますが、

それについては次章でお話します。





84 座る位置を変えずとも、弾きにくさは解消できる 腰の回転編











■千葉市 中央区 院内 1-2-5




■電話:043-222-5140



■電話:090-8462-3681




■JR東千葉駅徒歩6分 




■JR千葉駅より徒歩14分




お問い合わせ













Copyright 2014-  RICERCAピアノ教室   All rights reserved