05 ミミコピはいけないの?




結論から言いますと、あまりお勧めできません。


例えば、今から富士山の絵を描くために、

現地にやって来ました。


さぁー描こうと思った時、

皆さんは当然富士山を見て、描くと思います。


せっかく現地まで来たのですから、当然ですよね

耳コピをすると言うのは、

どのような事かと言いますと、

目の前の富士山を見ないで

隣の人の、描き終わった富士山の絵を見ながら描く。

ちょうど下の絵の状態になります。


しかし隣の富士山の絵には、

隣の人の感性 考え 構図等が

含まれてしまっているのです。

音楽もしかり、

仮にプロのCDを、ミミコピしたとすれば、その演奏には、

作曲者+そのCDの演奏者の意見が、

入り込んでいるわけです。


参考として、色々な演奏を聞くのは、

良い事だと思いますが、もしもその演奏者が、

間違っているのに、

完コピしたと考えるとゾッとしますよね。


まずは作品そのものに触れ、

紐解いて悩みながら自分の演奏にするのが、

大事なプロセスであり、

またそこが楽しい作業でもあるのです。


ちなみに楽譜は一種類ではないとご存知でしょうか?



直筆譜 弟子の写し間違え版  原点版 

改訂版 作曲者がお金に困って出した改訂版 

弟子が、師匠はこう弾いていました版 私ならこう弾く版 

等等たくさんありますから、

私はこの譜面で挑む!という選択肢も、

耳コピでは無くなってしまう訳です。


まずは、富士山そのもの、譜面と向き合う所からスタートするのが、

大事な事と思います。



次章 06 練習時間ってどれくらい?











■千葉市 中央区 院内 1-2-5




■電話:043-222-5140



■電話:090-8462-3681




■JR東千葉駅徒歩6分 


■JR千葉駅より徒歩14分




お問い合わせ











Copyright 2014-  RICERCAピアノ教室   All rights reserved