14 上から下の動きのみで、

スタッカートを弾いてしまうと、、、



ピアノの鍵盤は下げた時、音が鳴るんだから、

当然下に押すべきじゃないの?

と思われたかと思いますが

手の動きに関して言えば、

下から上に向かっても弾ける場合が多々あります。


鍵盤はもちろん、

下に押さなければ、音は鳴らないのですが、

ある方法を使うと弾く事ができます。


その前に、まず上から下方向の動きで

スタッカート(本来は半分の長さの意ですが、

この場合は短い音として表現しています。)

を弾く時、まず上から下に一回動かし、

音が鳴り早く切るために、

上に取るとスタッカートになります。


この場合、手は鳴らすために

上から下に一回、

取るために

下から上に一回の、

計二回動かしての、スタッカートということになります。


それでは下から上に弾くバージョン



今度は弾く前に手を下に置いて、

手を上に持っていきながら、

鍵盤を地面を蹴るように指で蹴って(変な表現ですが)

跳んで見てください。


すると鍵盤を押し終わる頃には、

手首はお化けの手になりながら、上に動き、

いやでも手が鍵盤から離れ、

結果スタッカートに、

なっていると思います。


上方向に一回動かすだけで、スタッカートは出来るのです。


モーションが半分ですみますから、

時間的余裕と、肉体的にも余裕が生まれます。


上から下に弾くだけでなく、

下から上を組み合わせる事によって、

もっも楽に弾けるところが、

沢山出てくるようになる筈です。

是非お試しください。


次章 15 上から下の動きでスタッカート時









■千葉市 中央区 院内 1-2-5




■電話:043-222-5140



■電話:090-8462-3681




■JR東千葉駅徒歩6分 




■JR千葉駅より徒歩14分




お問い合わせ













Copyright 2014-  RICERCAピアノ教室   All rights reserved