07 初見の譜読みについて 1




先を見すぎちゃうと、、、



あらかじめ、先のほうまで読んでから弾き、

また先をある程度読んでから、また弾く等の

一〜二小節を見てから弾くやり方は、危険が一杯です。

拍にして8拍くらい記憶して、

暗譜して初見をしてる状態ですので、

ミスの確率が増えてしまいます。




譜読みでは遠くに何があるのかを見るより、目の前に何が迫っているかの方が

大事なのです。




さらに例えるなら初めての土地を、

地図で曲がり角をいくつも、

頭に叩き込んでから、歩き出すようなものです。


そんなことしませんよね?

とりあえず一つ目のコーナーのことを考え、

歩きだし曲がったら止まり

また地図に目を落とすと思います。


ピアノの譜読みもしかり。



目の前にある一拍もしくは、

一音だけを見て、鍵盤を確認したら押してください。


そして次の拍の音を譜面で確認し、

次より先は見ない)鍵盤確認して押す。


この繰り返しで良いと思います。最大のメリットは、

次の拍 、次の音しか見ないので、

格段にミスが減ります


もしそれでもミスしてしまったら必ず、

一小節以上前から弾きなおしてください


何故かというと、

その場で直すと、

前の音から今の音へのつながりが、

なくなってしまいますので、必ずその場から直さず

少し前から弾きなおしてみてください。



次章 08 初見の譜読みについて 2













■千葉市 中央区 院内 1-2-5




■電話:043-222-5140



■電話:090-8462-3681




■JR東千葉駅徒歩6分 




■JR千葉駅より徒歩14分




お問い合わせ













Copyright 2014-  RICERCAピアノ教室   All rights reserved