16  クレッシェンドがいきなり大きいと、、、



ついつい譜面のクレッシェンドの文字がが目に入ると、

「ああ!大きく弾かなきゃ!」の心理が働いて、

すぐ大きく弾いてしまいたくなりますが、

クレッシェンドはだんだんと大きくですから、

クレッシェンドの文字が出た時点では、

まだ音量は意外と小さいのです。


もし、その時点で大きく弾いてしまうと、

そこから音量を上げて行くのは、大変な作業となります。


またクレッシェンドがでてくる前で、

音量が大きくなっていても同じ理由で、

これ以上大きく出来ません。


ですからクレッシェンドする為には、

これからクレッシェンド出来る音量〔余力を残した状態〕で、

クレッシェンドし始める必要があります。


そうすると、その前の演奏の方向性というのも、

おのずお決まってくるかと思います。


クレッシェンド一つとっても、弾き出す前の方向性決めが、

いかに大事かわかると思います。


譜面が今後どうなっているかを見る。



あるいは直前にどうもって来ているのかを、

逆算して今どう弾くかを決める。


これは、とても大事な事と思いますので、

部分練習時も、今弾くところだけでなく、

前後を読む時間を取り入れるのは、

とても大事なことと思います。



次章 17 左足は何処に?










■千葉市 中央区 院内 1-2-5




■電話:043-222-5140



■電話:090-8462-3681




■JR東千葉駅徒歩6分 




■JR千葉駅より徒歩14分




お問い合わせ













Copyright 2014-  RICERCAピアノ教室   All rights reserved