04 つい見たくなる手元 でも見てしまうと、、、




弾きながら、ついついミスしたくないあまり、

手元を見たくなってしまう心理

よーーくわかりますが、

はたしてそれで上手くいくでしょうか?


例えば黒板の板書を、ノートに写すときを思い描いてみてください。



皆さんはノートと黒板どのくらいの割合で、

視線を置きますか?

おそらく80%くらい黒板だと思います。


もし100%ノートを見てたら写せませんね

あるいは私もだい好きなゲーム

画面とコントローラー

どちらを見てゲームしますか?


私の場合100%ゲーム画面です。

ボタンはチラ見すらしません



これらの事をピアノに置き換えると、

黒板、ゲーム画面は、譜面となり

ノート、コントローラ が鍵盤になります。

ただピアノの場合88鍵もありますから、

ここだけは、外れやすいってところだけ見る

ぐらいでいいと思います。

譜面に、ここで鍵盤を見るなどを書いておいたり、

ここで譜面に視線を戻すなども、決めておくと

スムーズに弾きやすくなると思います。



次章 05 ミミコピはいけないの?










■千葉市 中央区 院内 1-2-5




■電話:043-222-5140



■電話:090-8462-3681




■JR東千葉駅徒歩6分 


■JR千葉駅より徒歩14分




お問い合わせ











Copyright 2014-  RICERCAピアノ教室   All rights reserved